実際の体験談をご紹介

パートの私でもカードローンの審査に通った。(女性/30代)

女性/30代

私は主婦をしながら、スーパーでパートの仕事をしているのですが、収入はそれほど多くありません。

やはり主婦をしていると、パートに出る時間ってあまり作れませんよね。

生活費は主人が払ってくれているのですが、
自分のものを買ったり、遊びに行く費用はパート代から出しています。

私はブランド品が大好きなのですが、少ないパート代だけではなかなか買うことができません。

しかし、どうしても欲しい新作のバッグがあったのです。
どうにかして買いたいと思った私は、カードローンでお金を借りられないかなと考えました。

でも、正社員として働いているわけでもなく、パートの収入が多いわけでもないので、審査に通るか心配でした。

色々なカードローンを調べていると、プロミスなら主婦でもパートをやっていれば融資が受けられるようです。
これは私でも借りれるかもしれないと思い、恐る恐る審査を受けてみることに…。

申し込み事態はすごく簡単でした。個人情報や収入などをネット上で記入し、必要書類を提出すれば完了です。

審査を待っていると、なんと1時間もしないうちに結果が出て、無事審査に通り融資を受けられることになったのです。
まさか、私の収入で本当にカードローンが利用できるとは思わなかったので、ビックリしました。

おかげで欲しかったバッグを購入することができました。旦那には内緒で借りたのですが、今のところバレていません。

その後も時々利用していますが、融資までのスピードがすごく早くて、どうしてもお金が欲しい時に助かっています。

数あるカードローンの中でも、口コミによる評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

その他の体験談

審査が不安ならカードローンがおすすめ

給料日までの生活費や急な出費など、日々の生活の中でお金が必要になる場面は多くあると思います。

急な時ほど焦ってしまい、怪しい金融業者に相談してしまう人もいるかもしれません。
しかし、違法な業者から融資を受けると、高金利で悩まされるケースがほとんどです。

こちらでは、審査に不安のある人にこそおすすめしたいカードローンについて紹介します。

カードローンがおすすめな理由

急いで資金を確保する場合であっても、一度冷静になって安全にお金を借りる方法を検討する必要があります。

しかし、銀行の融資商品は審査が厳しく、即日でお金を借りるのは困難であるのが現状です。
そこで、カードローンを利用するのをおすすめします。

特に大手消費者金融のカードローンであれば、即日融資に対応しているケースが多いです。

プロミスなら30日間の無利息期間もありますので、経済的に苦しい状況の人にこそ最適です。

カードローンと呼ばれるものには銀行が提供しているサービスもありますが、こちらは利息が安い分、
審査が厳しくなってしまうため、すべての人にお勧めできる方法ではありません。

なお、今すぐお金が必要ならば、インターネットから申し込むようにしましょう。

審査通過後は自分の銀行口座に入金してもらうのが最もスムーズな方法ですが、
無人契約機(自動契約機)でカードを発行してから、コンビニや消費者金融のATMで直接出金するという方法もあります。

どちらが自分の状況に合った方法かを判断したうえで選択してください。

実際にどれぐらいまで借りられるの?

カードローンが利用しやすいことが分かっても、必要な資金を確保できるか不安という方もいるでしょう。

借入限度額に関しては、申込者の現時点での返済能力が判断基準となります。2010年6月18日に改正貸金業法が施行されました。
それに伴い、新たに総量規制が取り入れられ、借入限度額がより具体的になりました。

その結果、借入限度額は債務者の「年収の3分の1まで」と定められたのです。

例えば、利用者の年収が300万円である場合には、100万円が借入できる限度額の上限になります。
少ないと感じるかもしれませんが、返済不能に陥らないための措置であるため、やむを得ない規制であると言えるでしょう。

しかし、例外として自動車ローンや住宅、不動産に関するローンなどの場合には、
総量規制の定める範囲から除外されますので、上手くローンを使い分けることも可能です。

まずは、自身の収入状況と相談した上で必要な金額を検討してみてください。

審査に通らないのはどういう時?

大手消費者金融のカードローンであれば、審査はそれほど厳しくありません

それでも、自分が審査に通るか不安という気持ちは利用者の多くが抱くものです。
基本的には、安定した収入があれば借入することは可能です。

審査時に求められる身分証明書も運転免許証ぐらいです。

必要としている資金が50万円を限度額とするのであれば、源泉徴収票(収入証明書)も不要です。
また、債務者にとって一番の不安要素でもある保証人や担保が求められることもありません。

よって、借入のハードルは低いと言えるでしょう。しかしながら、審査基準として重要になってくるのは職業なのです。

派遣やアルバイトで働いている人より、正社員が有利であることは言うまでもありません。
逆に公務員は信頼が高いため、審査に通りやすい立場であると言えます。

また、自営業者やフリーランスの立場にある作家、アーティストや水商売の場合には、
収入の高さに関わらず審査が厳しくなってしまうというのが現状です。

年齢に関しては、もちろん若い方が有利です。

どうしても不安なのであれば、借入希望額を少なく設定するなどの工夫が必要になってくるでしょう。

無職でも借りられる?

就職活動中である人や急に仕事を辞めてしまった人など、様々な理由で今すぐお金が必要という人もいると思います。

就活を行うためにも、資金が必要であることは分かります。
しかし、銀行・消費者金融を問わず、無職の状態で借入することはまず不可能であると言わざるを得ません。

例外として、一定の条件を満たしていれば、無職でも審査に通る可能性は出てきます。

それは例えば、不動産を所有している場合です。
そのような人であれば、持ち家や土地を担保に入れて融資を受けることも可能でしょう。

もっと現実的な方法であれば、派遣会社に登録するというものがあります。

とにかくどこかに所属して、収入を得る準備をするのです。
もちろん、実際に働いて収入を得なければ借り入れたお金を返済することができず、後々困ることになります。

返済可能かどうか、よく考えてから申し込んでください。

ブラックリストだけど借りれる?

ブラックとされる状況は任意整理や返済遅滞などの、いわゆる多重債務者や自己破産経験者
(免責から10年を経ていない)などの場合が挙げられます。

こういった債務者は金融機関にとってネガティブなイメージが強いため、
ある意味、派遣やアルバイトで働いている人よりも借入が困難であると言えます。

また、個人信用情報機関に登録されている場合は、情報が抹消されるまでの間はどこの金融機関からも借りられないのが現実です。

こうした状況になると、「ブラックOK」を謳い文句とする業者から借りる人が出てきますが、
そうした機関はほぼ間違いなく闇金融業者であるため、後に高額な利息に苦しめられることになります。

どのような立場であっても、借入する際には正規の金融機関を利用するようにして下さい。

審査が不安なら、まずはカードローンを利用しよう

お金を借りるときのハードルはいつの時代も高いものです。

しかし、プロミスなど大手消費者金融のカードローンであれば、審査の難易度を下げることが可能です。
特に高額な資金を必要としない人であれば、手軽に利用できてリスクの少ない方法であると言えます。

有名な消費者金融は数多く存在しますので、ご自身の収入状況に合わせてよく検討してから申し込みましょう。